流鏑馬神事

流鏑馬神事

流鏑馬神事 とは勢いよく走る馬の上から的に向かって矢を射る儀式です。
貴族の私設警護だった武士がだんだんその地位を確立していったころから始まって平安時代の終わりには儀式の作法などが確立されました。鎌倉時代には盛んに行われたそうです。今でも、「流鏑馬」というと、鎌倉の鶴岡八幡宮を連想する人は多いのではないでしょうか。ですが、実際には全国各地で行われています。

流鏑馬神事 の流儀

流鏑馬には流儀がいろいろあるでしょうが、日光の 流鏑馬神事 は鎌倉の時代の古儀にのっとって行われています。
初めて行われたのは1953年で、戦後復興を目指す人々の誇りと自信を取り戻すためだったそうです。
日光では毎年5月と10月に行われています。
秋には「百物揃千人武者行列」が一緒に行われます。
これは、400年前に徳川家康公の遺体が久能山から日光に移す時の様子を再現したものです。
毎年、この時期になるとよい席で見れるような各旅行会社のツアーが組まれたりします。日程は
春が5月17・18日
秋が10月17日・18日

流鏑馬神事 ツアー

2015年は5月17日・18日は土・日、10月17・18日は金・土という一番混みそうな組み合わせなので、お宿やチケットなどは早めに準備しないと良いお席は難しいかもしれません。

関連記事

  1. 外山の山頂から眺める日光市街。

    福銭貸し

    福銭貸し「 福銭貸し 」というのは、毘沙門天堂が1月3日にお参りした人に「事業資金」を貸し出して…

  2. 輪王寺は一つのお寺ではなくて日光にあるお寺、お堂、支院の総称です。

    延年の舞

    延年の舞(えんねんのまい)延年の舞は日光山輪王寺で、例大祭に先駆けて行われる伝統行事です。千…

  3. 式年大祭ー時代絵巻再現

    百物揃千人武者行列は徳川家康公が久能山から日光にうつられる時の様子を再現しています。※ページ…

  4. 日光東照宮の神輿舎にはお神輿が3基あって、中央が徳川家康公、向かって左側が源頼朝、右側が豊臣秀吉のお神輿だということです。

    百物揃千人武者行列

    お神輿はお旅所まで神君家康公のお神輿はお旅所まで進みます。お神輿は二荒山神社を出発して表参…

  5. 例大祭の時にはお神輿はお旅所までやってきます。お旅所で休憩したあと、また御本社に戻られるそうです。

    日光東照宮秋季例大祭

    日光東照宮秋季例大祭10月16日・17日、日光東照宮では秋の例大祭が行われます。例大祭とは…

  6. 徳川家康公はお神輿に乗ってこちらの御旅所まできます。中に入ると神職さんや氏子さんたちによる祭礼の儀式があるそうです。

    春季例大祭

    春季例大祭春季例大祭 、日光東照宮では毎年5月17日・18日に行われます。神社で行われてい…

  7. 胡蝶の舞

    胡蝶の舞

    4人の巫女さんが、「胡蝶の舞」を奉納します。共同通信社の映像…

  8. 日光の古くから伝わる日光山輪王寺、独特の行事。参加する人に多くのご利益をもたらすので、古くから人気の行事。

    強飯式(ごうはんしき)

    古くからある日光独自の行事強飯式(ごうはんしき)とは、山盛りのごはんとお酒を頂く儀式の事で日…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP