夜泣き石

夜泣き石 (よなきいし)

「夜泣き石」という検索キーワードで検索すると、全国各地の「夜泣き石」がヒットします。
石自体が声を発したり、動いたりする「心霊スポット」的なものと、「夜泣き石」のように、赤ちゃんの「夜泣き」が止まるものとあります。

日光の「 夜泣き石 」

夜泣きする赤ちゃんを連れてお詣りすると赤ちゃんの夜泣きが止まるという評判の「夜泣き石」

夜泣きする赤ちゃんを連れてお詣りすると赤ちゃんの夜泣きが止まるという評判の「夜泣き石」

日光の「夜泣き石」は両方の伝説があるそうです。
一つは

赤ちゃんの夜泣きに困っていた若い母親が、この石に夜泣きを止めてくれるように、赤ちゃんを連れてお願いしたら、その晩から夜泣きが止まったというものです。
もう一つは
石自体が動いたり、声が聞こえたりする「心霊スポット」的なもので、お坊さんが夜、歩いていたら、この石から声が聞こえたというものです。
どちらが、本当の説かはわかりませんが、私としは「心霊スポット」的なものよりも「赤ちゃんの夜泣きを止めてくれるというありがたい石」という説の方が好きです。夜泣き石のある場所も開放的な場所にあって、怖さとは無縁な石です。

ゆばむすび「補陀落本舗」

「ゆばむすび」が美味しいという評判の「補陀落本舗」

「ゆばむすび」が美味しいという評判の「補陀落本舗」

夜泣き石のある道に入っていくところ、国道120号線上に美味しいという評判のゆばむすびのお店「補陀落本舗」があります。海苔の代わりに湯葉をまいたおむすびだそうです。私が行ったときは丁度お休みで残念でした。

日光の自然の中を歩く

関連記事

  1. この先は滝尾神社という、神様の領域に入っていくので不浄はいけませんという石碑です。

    大小便きんぜい

    大小便きんぜいの碑滝尾神社へ向かう石畳を歩いていくと「大小便きんぜいの碑」という文字が刻まれ…

  2. 滝尾神社のご祭神、田心姫命(たごりひめのみこと)が、お手をかけたといわれています。学問の神様、菅原道真公を祀った「北野神社」をお参りした後に、この「手掛け石」に手をかけてお願いすると文字が上達するという事です。

    手掛け石

    手掛け石(てがけいし)手掛け石 (てがけいし)とは、昔、滝尾神社のご祭神の田心姫命(たごりひ…

  3. 1600年の関ヶ原の戦いで徳川家康公がお乗りになった馬を悼む石碑です。

    神馬の碑

    神馬の碑 (しんめのひ)神馬の碑 (しんめのひ)というのは、徳川家康公が関ヶ原の戦いで乗った…

  4. 日光は東照宮や大猷院など、家康公や家光公のお墓だし、文化財としても貴重なものだったので、特別に火災から守る「火消隊」を編成しました。殉職なされた方を弔うために1834年、防火隊碑が浄光寺に建立されました。

    防火隊碑

    八王子千人同心(はちおうじせんにんどうしん)江戸時代も現代も火災はとても怖いものです。特に、…

  5. 牛石 は石に変えれれてしまった「牛」の事です。

    牛石

    女人近世(にょにんきんせい)神社・寺院・霊場・修行場などで、女性の出入りを禁じたものです。日光では山…

  6. 日光の七不思議に数えていいかと思いますが、こちらは勝道上人のお弟子さんのお墓ですが、移転しようとすると事故が起きることが何度も起きたので移転はあきらめてここにおいてあるそうです。

    教旻僧都の墓

    教旻僧都の墓(きょうびんそうずのはか)日光東照宮新社務所のすぐそばに勝道上人十大弟子のひ…

  7. 男性(陽)と女性(陰)を表している自然の石です。こちらも安全祈願でお詣りしていかれる方も多いそうです。

    陰陽石

    陰陽石 (おんようせき)産の宮のそばに「 陰陽石 (おんようせき)」という名称の石があります…

  8. 男体山登頂を目指していた勝道上人が道に迷っていたらお地蔵さまがでてきて導いてくれたという場所です。

    空烟地蔵

    空烟地蔵行者堂から坂道を下っていくと、3代将軍徳川家光公の霊廟、大猷院に到着します。その手間…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP