影向石

影向石 (ようごうせき)

「影向石」とは820年に空海がこの地で祈っていたら、美しい女神が現れたというエピソードのある石です。滝尾神社の周辺はこのようなエピソードがたくさんあります。やはり空海が滝尾神社のあたりで修業していた時に、大小の2つの白い玉が現れて、そのうちの一つの為に児玉堂を建設したそうです。

「影向(ようごう)」

「影向(ようごう)」とは神様や仏様が仮の姿になって、人々の前に現れることを言います。ですから、「影向(ようごう)」という名称の神社や影向石という名称の石は全国、あちこちにあります。

「影向寺の影向石」

ちなみに、川崎市宮前区に「影向寺」というお寺があります。そこに「影向石」という石があって、739年に光明皇后が眼病を患ったときに、武蔵の国に、不思議な石があってそこに薬師如来を祀れば皇后の病気は治るといわれてその通りにしたら、確かに眼病が治ったそうです。

滝尾神社の影向石

以前はお寺があったということですが、今ではこのような苔むした小さな祠があるだけです。

以前はお寺があったということですが、今ではこのような苔むした小さな祠があるだけです。

滝尾神社の影向石も空海が女神の姿をした心霊にお会いしたそうです。そこにはお寺も建てられていましたが、現在では苔むした小さな石の祠(ほこら)だけになってしまっています。

関連記事

  1. 日光二荒山神社の深淵には八百万(やおよろず)の神々が降りてくる場所があります。

    高天原(神々がおいでになる場所)

    高天原高天原(たかまがはら)とは古事記に記されている神様たちが住んでいらっしゃる場所のことで…

  2. 釈迦堂はたびたびお引越しをしている建物です。最初は東照宮のお仮殿の場所にありましたが、1621年に仏岩に移されて、その20年後に現在の田母沢御用邸の前に移されました。7月15日には輪王寺僧侶によるお施餓鬼法要が行われます。

    釈迦堂

    釈迦堂殉死の墓を目指して歩いて行くと、正面に「釈迦堂」があります。その奥に、「殉死の墓」があ…

  3. お菓子屋さんの団体が「お菓子占い」を奉納したそうです。ルーレットになっています。

    お菓子占い

    お菓子占い大国殿に お菓子占い がおいてあります。なぜ、 お菓子占い が置いてあるかというと…

  4. 日光東照宮の陽明門の豪華さは一日眺めていても見飽きないから「日暮門(ひぐらしもn)」との別名があるくらい有名です。しかも、仏教的・風水的に多くの学者や知識人が徳川家康公の霊廟を守る、霊獣や仕掛けを施しています。

    陽明門

    陽明門(ようめいもん)陽明門 はとにかく、ものすごく豪華な門で、またの名前を「ひぐらしもん」…

  5. 児玉堂

    児玉堂(こだまどう)

    児玉堂(こだまどう)児玉堂(こだまどう)は弘法大師空海が修業していたら2個の玉が現れたの…

  6. 中禅寺の秘仏。日光開山1250年で初めて公開される。

    中禅寺の秘仏「吉祥天(きっしょうてん)」

    歌が浜の伝説784年に男体山登頂を成功した勝道上人が中禅寺湖に小舟を浮かべと、天女が舞い降り…

  7. 大谷川で立ち往生している勝道上人の一向に対岸に神様が表れて蛇を投げて渡らせてくれたという神様を祀っています。

    深沙王堂

    深沙王堂 (じんじゃおうどう)「神橋」の北側に 深沙王堂 (じんじゃおうどう)と呼ばれる小さ…

  8. 徳川家光公の後と追って、自殺した家臣や、徳川幕府の忠臣だった人のお墓が並んでいます。

    殉死の墓

    殉死の墓殉死の墓 は徳川家康公の後を追った家臣や徳川家光公の後を追った家臣の墓です。江戸時代…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP