影向石

影向石 (ようごうせき)

「影向石」とは820年に空海がこの地で祈っていたら、美しい女神が現れたというエピソードのある石です。滝尾神社の周辺はこのようなエピソードがたくさんあります。やはり空海が滝尾神社のあたりで修業していた時に、大小の2つの白い玉が現れて、そのうちの一つの為に児玉堂を建設したそうです。

「影向(ようごう)」

「影向(ようごう)」とは神様や仏様が仮の姿になって、人々の前に現れることを言います。ですから、「影向(ようごう)」という名称の神社や影向石という名称の石は全国、あちこちにあります。

「影向寺の影向石」

ちなみに、川崎市宮前区に「影向寺」というお寺があります。そこに「影向石」という石があって、739年に光明皇后が眼病を患ったときに、武蔵の国に、不思議な石があってそこに薬師如来を祀れば皇后の病気は治るといわれてその通りにしたら、確かに眼病が治ったそうです。

滝尾神社の影向石

以前はお寺があったということですが、今ではこのような苔むした小さな祠があるだけです。

以前はお寺があったということですが、今ではこのような苔むした小さな祠があるだけです。

滝尾神社の影向石も空海が女神の姿をした心霊にお会いしたそうです。そこにはお寺も建てられていましたが、現在では苔むした小さな石の祠(ほこら)だけになってしまっています。

関連記事

  1. 日光山中禅寺の境内の中にある大きな瘤に自分の悪いところ、痛いところをつけると治るという事です。

    身代わりの瘤

    身代わりの瘤日光山中禅寺の境内の中に大きな瘤が出来ている木があります。私たちの悪いところ、痛い…

  2. 日光山中禅寺の山門をくぐり境内を進みます。左手に手を洗うところがあるので、手を洗って鐘を突きます。鐘をついたらさらに奥に進みましょう。そうすると右手に愛染明王(あいぜんみょうおう)を祀った 愛染堂 があります。ここは、映画「愛染かつら」のロケ地としても有名です。

    愛染堂

    愛染明王愛染明王(あいぜんみょうおう)は人間につきものの煩悩、すなわち欲望・執着心を悟りに変…

  3. 神様のいらっしゃる場所なので、きちんと挨拶をします。

    本殿・拝殿・神楽殿

    二荒山神社中宮祠のご祭神二荒山神社中宮祠のご祭神は日光市内にある新宮(日光東照宮の隣)と同じ…

  4. 二荒山神社中宮祠の境内の中に7人の神様がいらっしゃいます。

    七福神めぐり ー日本で一番高地にある七福神めぐり

    日本で一番高地にある七福神めぐり中禅寺湖畔の二荒山神社で 七福神めぐり ができます。日…

  5. 弘法大師空海が滝尾神社のそばの湧き水を汲んで神様に捧げた水でお酒を造ったらとっても美味しいお酒ができたという事です。

    酒の泉

    酒の泉弘法大師空海がこの泉の水を汲み、神にささげたという事です。そして、そのお供水が酒の味が…

  6. 恒例山(こうれいさん)から湧き出る泉と滝尾神社近くの天狗沢から湧き出る泉が一緒になった「二荒霊水」

    二荒霊水

    二荒霊泉(ふたられいすい)「 二荒霊水 」は滝尾神社境内に湧く「酒の泉」と恒霊山から湧く「薬…

  7. 清滝寺

    清滝寺(きよたきじ)

    清滝寺とは 清滝寺の千手観音菩薩像「清滝観音」は、日光山中禅寺の「立木観音」と同じ桂の木で作られ…

  8. 二荒山神社にも「縁結びの笹」があり、夏には良い縁まつりも行われます。

    縁結び ーよい縁まつり

    良い縁まつり縁結び の神様として有名な「二荒山神社」では、毎年夏から秋にかけて、「良い縁まつ…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP