陽明門

陽明門

陽明門(ようめいもん)

陽明門 はとにかく、ものすごく豪華な門で、またの名前を「ひぐらしもん」と言います。一日眺めていても飽きないからだそうです。確かに、 陽明門 は豪華絢爛な東照宮の中でも最も豪華で素晴らしい建築物だということです。

陽明門 は日光東照宮の一番豪華な門です。

陽明門 の霊獣たち。額の下に重なって、龍と息、そしてその下にも龍がいます。

陽明門 の霊獣たち。額の下に重なって、龍と息、そしてその下にも龍がいます。

とにかくあまりに見事で一日見ていても飽きないから「日暮門」とも言われています。陽明門には500を超える彫刻の数々が施されていて、屋根には2層になっていて上段には「龍」下段には「息」という、ちょっとなじみのない霊獣が陽明門を守っています。

陽明門 の霊獣

霊獣とは「めでたいしるしとして現れる獣の事です。

陽明門の額の下に重なっていて、上ににいるのは龍
息(いき) 下にいるのが「息」で龍とは牙があること、ひげがないなどの違いがある。
麒麟(きりん) 真に平和な世でないと現れない。
竜馬 天馬と呼ばれる珍しい霊獣。麒麟によく似ているが、牙がなく、角が2角です。
目抜きの龍 家光公の干支であり、古代から王族のシンボルとされているので東照宮に最もふさわしい霊獣として「龍」はあちこちにいます。
唐獅子 魔除けの意味合いが強い霊獣。 陽明門 のてっぺんで守っています。

*
*
* (公開されません)