湯元園地 をお散歩

湯元園地

標高1500メートルの日光湯元園地は、夏は涼しく歩いていても気持ちいいですが、秋の紅葉の中を歩くのは、まるで「赤毛のアン」の故郷、カナダのプリンスエドワード島の中を歩いているのかと思うくらい、空気が澄んでいて気持ちいいです。
湯元園地は道路も整備されていますし、広さも歩くのにちょうどいいくらいの大きさなので、お天気が良くなったらブラブラするのにピッタリです。

湯元園地 の入り口

2012年撮影の「湯の湖」

2012年撮影の「湯の湖」

湯元園地の入り口には「湯の湖」があります。湯の湖は三岳(みつだけ)が噴火した時に湯川が堰き止められてできた湖です。周囲1キロくらいの湖だし、こちらも遊歩道がしっかりしているので、気軽なお散歩にピッタリです。
歩き疲れたら、入り口に「湯元レストハウス」というお店があって、軽いお食事や、お茶を飲むところがあります。

湯元園地 にある「湯元ビジター」

湯元ビジターセンターのイベントで、自然のお勉強

湯元ビジターセンターのイベントで、自然のお勉強

入り口から少し入ったところには「湯元ビジターセンター」があります。
ここでは日光湯元温泉の自然の情報や道路などの交通情報など、奥日光を観光するのに必要な情報がそろっています。また、いろんなイベントも開催されているので、湯元温泉に行く前はこちらのホームページを見ていくと便利だし、行ってからも立ち寄ってみると面白いイベントに出会うことができると思います。
我が家の子供たちも小さい頃はビジターセンターのお兄さんやお姉さんにたくさん遊んでいただきました。

湯元園地 の奥には源泉があります。

湯元園地の奥には源泉があり、日光湯元温泉の各旅館の源泉があります。秋の紅葉シーズンは源泉の周囲の紅葉と温泉の湯けむりとで、とてもきれいな風景になります。そばには立ち寄り湯があるお寺、「温泉寺」もあります。

関連記事

  1. 標高2000メートルにある足湯「天空の足湯」

    犬と一緒に日光を楽しむ方法-その1

    夏の日光を日帰りで楽しもうーその2(犬と一緒に行く日光) 夏の日光を楽しみ方、第2弾としては「犬と行…

  2. 車いすで日光に行こう!

    車いすで日光に行こう!

    子供たちと10年以上も日光に通っています。(今では子供も大学生、高校生となり、子供とは言えませんが)…

  3. 40年ぶりの収縮が完了して家光が作らせた当時の輝きを取り戻した陽明門

    夏の日光の楽しみ方ー2017年度版

    エアコンの風ではない涼しさを味わいに日光へ! 日光は関東の冷蔵庫という異名があるくらい冬の寒さの厳し…

  4. 三仏堂の屋根の葺き替え

    世界遺産にわが名を残す!三仏堂の「本堂銅板(平瓦)奉納」

    世界遺産にわが名を残す! 今ならそんな素敵な体験ができます! 三仏堂の「本堂銅板(平瓦)奉納」…

  5. 戦場ヶ原の木道を、自然をたくさん感じながら歩く。

    日光を日帰りで楽しむ方法ーその1(最もお金のかからない計画)

    夏の日光を日帰りで楽しもうーその1 いよいよ夏休みですよね。今年の夏休み計画はもう立てられましたか?…

  6. 夏の湯の湖ではボートに乗ることができます。ボートに乗って魚を釣る方もいます。ボートは日光湯元レストハウス

    湯の湖でボート に乗る

    湯の湖でボート子供たちが湯の湖温泉で「ナナの散歩」の次にやりたいことが湯の湖のボートのリ…

  7. 日光二荒山神社の境内は車で入れるので、車いすの母もいかれます。

    (続)車いすで日光に行こう!

    前回の「車いすで日光に行こう!」で書き忘れてしまったことを書きます。 それと、車いすといっても…

  8. 中禅寺湖でおこなわれるスワンボートレースは二荒山神社の神事です。

    2017年度版 秋の日光の楽しみ方―その1

    スワンボートレース 連日30度越えの日が続いていると秋が来るのかどうかも疑いたくなりますが、秋は来ま…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP