日光湯元ビジターセンター

日光湯元ビジターセンター

日光湯元ビジターセンター は1994年に奥日光の情報を発信する施設としてオープンしました。センターに入ると、奥日光の気候、交通、キャンプ場などや、ハイキング、登山に必要な情報を提供してくれます。また、ホームページもあって、湯元温泉の気候や駐車場の空き状況など、そして、紅葉の進み具合、お花の開花時期など、奥日光に訪れる人が必要とする情報を発信してくれます。

日光湯元ビジターセンター のイベント

ビジターセンターのお姉さんが教えてくれるので子供でも作ることができました。

ビジターセンターのお姉さんが教えてくれるので子供でも作ることができました。

ウィークエンドや夏休みなどは奥日光の自然に子供たちが興味を抱くようなイベントを開催してくれます。
我が家の子供たちも夏休みの宿題を完成させるのに何度もビジターセンターのお姉さんやお兄さんにお世話になりました。

無料で参加できるイベント

真っ暗な湯元温泉街を歩く

街灯とかはないので夜になると、真っ暗です。ペルセウス流星群を見に歩いています。

湯元温泉の温泉街を早朝や夕暮れ時に植物の名前や、自然の説明などしてくれながら1時間ほど散策します。また、夏休みは湯元温泉の星空を観察する会も開かれるそうです。2013年はベルセウス流星群のあたり年だったそうで、私もなんとなくぶらぶら湯元温泉の温泉街を歩いたものです。

事前に申し込みが必要なイベント

ガイドさんがいないと歩けないような、いっぽ進んだハイキングコースに挑戦してみたい方はビジターセンターのホームページを見てください。7月後半には西の湖のもっともっと奥まで行くカクレ滝にも行くそうです。

関連記事

  1. 「天空の足湯」は標高2000メートルの日光白根山ロープウェーの山頂駅にある足湯です。

    天空の足湯

    足湯(あしゆ)足湯とは、足だけ温泉につかることです。靴下だけ抜けば温泉に入れるので、温泉街な…

  2. 明治の後半から昭和初期まで夏になると大使館の業務は中禅寺湖畔に移動するといわれるほど、各国の大使館別荘が並んでいました。

    イタリア大使館別荘

    イタリア大使館別荘明治になって外国の方大勢、日本に訪れるようになると、中禅寺湖湖畔はその風景…

  3. 中禅寺湖には明治になるまで魚は住んでいませんでいた。さかなと森の観察園では中禅寺湖に魚がすむようになった過程がわかります。

    さかなと森の観察園

    さかなと森の観察園龍頭の滝のそばに「 さかなと森の観察園 」という公共施設があります。中禅寺湖…

  4. アーネストサトウの別荘だったものをその後イギリス大使館別荘として使用しています。

    英国大使館別荘記念公園

    国際避暑地日光明治の幕開けとともに、日光は大きく変わりました。特に明治の半ばからは多くの外国…

  5. 中禅寺湖畔のあるボートハウス。中禅寺湖は昭和の初めまで外国の避暑地として賑わっていました。中禅寺湖畔の別荘にはボートがつきものです。

    ボートハウス

    ボートハウス「日光好き」を自慢している私ですが、ひとつだけ残念に思うものがあります。それは…

  6. 日光湯元温泉にある足湯は「あんよの湯」という可愛いネーミングです。子供たちが小さい頃にできました。「あんよの湯」の底の石がデコボコになっているところがあって、歩くと足裏マッサージのような効果があります。泉質は日光湯元温泉なので、白く白濁した単純硫黄泉です。

    あんよの湯

    あんよの湯「 あんよの湯 」も「天空の足湯」と同じように無料です。ですが…

  7. 大正天皇の為に日光田母沢御用邸は作られました。1899年(明治32年)から3代にわたる天皇・皇太子が利用しました。現在は公園とともに、建物も一般公開されています。

    日光田母沢御用邸

    日光田母沢御用邸(にっこうたもざわごようてい)日光田母沢御用邸記念公園 は1899年(明治3…

  8. 日光自然博物館では自然に触れあえるイベントの他、管内では夏休みの宿題に役立ちそうな展示物がたくさんあります。

    日光自然博物館

    日光自然博物館日光自然博物館 は中禅寺湖のすぐそばにあります。明智平を過ぎて更にまっすぐに進…

最近の記事

  1. 花石神社
  2. 湯の湖湖畔の紅葉
  3. 清滝寺
  4. 裏見の滝
  5. 浄光寺のお地蔵様
PAGE TOP